ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月16日

マインツ、ブロシンスキとベルとの延長交渉が難航

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在、1.FSVマインツ05では契約満了となった、共に長期に渡り主力としてチームを支え続けてきた2選手、シュテファン・ベルとダニエル・ブロシンスキとの契約延長を目指しているところだ。チームが夏季休暇に入る前から、ルーヴェン・シュレーダーSDは「長期間クラブに在籍する選手というのは財産だ」と、コメント。

 特にマインツではコロナ危機の最中で、あえて契約に関わる交渉は全て棚に上げて残留争いに集中していたことから、契約満了となったブロシンスキにとっては複雑な状況ではあったものの、それでも主力の一人として活躍を続けたことにシュレーダー氏も賞賛。一方のベルは、負傷により長期間離脱を余儀なくされてきた。

 そんな二人について、シュレーダー氏は地元紙ASマインツに対して、「我々は建設的な話し合いをしているところだよ」と、説明。しかしながらコロナ危機の影響を直撃した財政面での問題により、交渉は難航。話し合いの行方は全くもって不透明なままとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報