ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月06日

3部ドレスデン、マインツとウニオンから若手選手獲得

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヨナタン・マイアーが来季にブンデス3部ディナモ・ドレスデンへ、1年間の期限つきレンタル移籍することが発表された。20才の左SBについて、ドレスデンのベッカー競技部門代表は「素晴らしい才能をもった選手であり、3部は更なる飛躍の場となることだろう。移籍を決断してくれて嬉しく思うし、SBの定位置争いが激化するね」と、喜びを述べている。

 1860、そしてバイエルンで育成されたマイアーは、2019年にマインツへと加入。2022年までのプロ契約を締結しており、昨季は主にブンデス4部相当のセカンドチームにてプレー。リーグ戦11試合に出場していた。「次のステップに向けて、できるだけ高いレベルに身を投じたかった。ドレスデンは正しい場所だと思うし、クラブの成功に貢献できるよう全力を尽くすよ」と、意気込みを語った。

 さらにディナモ・ドレスデンは、ウニオン・ベルリンからも「フィジカルに長けたMF」ユリウス・カーデの獲得に成功。こちらとは2023年までの契約を結んでいる。ただしウニオンには買い戻しオプションが付随。21才の攻撃的MFはヘルタにて育成され、ウニオンで更なる飛躍を期したが思うように事は運ばなかった(昨季3試合出場)。移籍に際し、同選手は「ディナモでのタスクを楽しみにしているし、チームと一緒に成長していきたい」とコメントしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報