ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月15日

元マインツのシュヴァルツ氏、ディナモ・モスクワの監督へ就任

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05の監督を退任して1年が経過し、サンドロ・シュヴァルツ監督が新天地を見出した。41才のドイツ人指揮官はこれから、ロシア1部ディナモ・モスクワにて指揮をとる。これは同クラブが水曜日に発表したものであり、今週土曜日に誕生日を迎えるシュヴァルツ監督は、来季いっぱいまでの契約にサイン。なおアシスタントには、2010〜2014年までディナモでプレーしていた、元ブンデスリーガーのアンドレイ・ヴォロニンが就任することとなった。

 選手、コーチとしても1.FSVマインツでキャリアを積んでいったシュヴァルツ氏は、マインツとの契約を2022年まで残して昨年に退任しており、今回の就任に伴いマインツ側としては、サラリー面で完全に解消されたことになる。ちなみに同クラブのブバッチSDとは、マインツでの現役時代から知る間柄であり、また同都市のライバルであるスパルタク・モスクワの監督は、元シャルケのドメニコ・テデスコ氏。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報