ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月18日

ユーロ出場獲得の代償、シャライが膝を負傷

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週木曜にアイスランド代表とのユーロ予選プレーオフを制し、主将として本戦出場を確定させたアダム・シャライだったが、その代償として膝を負傷。日曜日に行われたネイションズリーグでは欠場しており、マインツにて受けた検査の結果kickerが得た情報によれば、半月板への損傷が確認された模様。

 今季はセカンドチームへと送致されるなど、クラブでは厳しい状況にあるシャライは、「来夏のユーロに向けて良い状態にもっていかないといけない」と、出場確定後に話しており、今冬にも再び移籍先を模索することになるだろう。だがまずは今回の負傷の度合いを確認し、その回復へと努めなくてはならない。

 その一方で練習中に左足首の関節胞を損傷したフィリプ・ムウェネについては、その後の医師による診断の結果、手術は避けてまずは保存療法により早期回復を目指すことが明らかとなっている。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報