ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月27日

マインツ、マテタの今冬売却否定も「法外なオファーなら・・・」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節のフライブルク戦にてハットトリックを収め、3−1での勝利に大きく貢献し1.FSVマインツを最下位から一躍安全圏内へと押し上げた、ジャン=フィリッペ・マテタ。これにより今季通算でレヴァンドフスキ(11)やハーランド(10)に続く、3番目タイとなる7得点目をマークした若きFWの活躍は、ここのところはプレミア、またセリエAなどからのクラブより関心が伝えられる形で現れているところだ。

 だがその一方でルーヴェン・シュレーダー競技部門取締役は、今冬の移籍市場における同選手の売却を否定しているものの、「確かに1月の売却をしないと宣言したとして、果たして法外なオファーが届いた場合はどうか。それならば我々は検討し、そして状況について見極めていくことになるだろう」と語った。「あれほどのストライカーを見出すことは困難であり、なぜそれを手放す必要があるのか、ということをね」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報