ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月01日

王者バイエルン戦に臨む、シューベルト暫定監督

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この年末に1.FSVマインツ05にて繰り広げられた騒動も、ようやく鎮静化の様相をみせはじめている。開幕から13試合が経過して勝ち点数わずか6。自動降格圏内となる17位へと沈み、そしてルーヴェン・シュレーダー競技部門取締役が慰留されながらも自ら退団。その後にクリスチャン・ハイデル氏がマルティン・シュミット元監督をSDに据えて復帰し、ヤン・モリッツ・リヒテ監督の更迭へと至ったのだ。

 その有力な後任候補として名前が挙がっているのが、かつてマインツにて長きに渡り選手としてプレーしたボー・スウェンソン氏なのだが、オーストリア2部リーファリングとの契約からまだ招聘にまでは至っていない。シュミットSDは特に名前をあげることはなかったものの、「集中的に取り組んでいるし解決までは近い」との見通しを明らかにした。ただいずれにせよ年明けに行われる、王者バイエルン・ミュンヘン戦では、ヤン・シューベルト氏を暫定監督に据えて臨むことになる。

 今回の監督指名について「光栄に思った」というシューベルト氏は、「当然、即答で引き受けさせてもらった」とコメント。「今は、最善の方法によって試合に向けた準備を進めていく」ことこそが、彼に課せられているタスクであり、「それこそ私の仕事。それをしっかりと全うしたい」と意気込みをみせた。

 その一方で先日には、アーロン・カリコルのセルタ移籍が発表されたばかりだが、それに関わらず「あらゆる場面に適した人材を見出したい」と述べつつ、選手起用については手の内を明かすことはなかったが「あらゆる可能性に備えた良いプラン」を構築していく考えを強調している。「ただ我々としては、一致団結して力を発揮していくことが極めて重要なんだ。これからの練習でしっかり見極めたい」
 
【1月3日26時〜】

バイエルンの先発予想:ノイアー – パヴァール, ボアテング, アラバ, デイヴィース – ゴレツカ, キミヒ – ニャブリ, T.ミュラー, コマン – レヴァンドフスキ
マインツの先発予想:ツェントナー – シン・ジュステ, キリアン, ハック – フェルナンデス, バレイロ, ラッツァ, ブロシンスキ – ブルカルト, オニシウォ – マテタ
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報