ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月04日

マインツ、ボー・スウェンソン監督の招聘を発表

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 これにより1.FSVマインツ05の人事面は、年末年始にかけてほぼ一新されることになる。年末にはクリスチャン・ハイデル氏が取締役へと、マルティン・シュミット元監督をSDとして伴う形で復帰を果たしており、そして本日月曜にはかつて選手として長年プレーした、ボー・スウェンソン氏が新監督へと就任することが発表された。

 決して妥協を許さないセンターバックとして主力を担った、ブンデス100試合以上でプレーした経験ももつ同氏には、「マインツの遺伝子」を更に注入していくことが期待されており、引退後には2017年より2年間ACを務めオーストリア2部リーファリングの監督へと就任して以来のカムバックということになる。

 そのリーファリングとは移籍金を巡り交渉は難航しながらも、招聘に成功したハイデル氏は「我々がこの監督というポジションを埋めるにあたり、彼は全ての要素をもった人物だ」と評価、「ここのユースセンターでコーチを学び、現役時代にはクロップ、トゥヘルらを見てきた。我々のサッカーがどうあるべきかを熟知している」と述べ、さらにその人間性に対しても高い評価を強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報