ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月11日

昨夏コロナ感染のフェルナンデス、再び陽性が確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日にはアイントラハト・フランクフルトに敗戦を喫した、1.FSVマインツ05だが、その翌日にはその試合に先駆けて行われたコロナ検査の結果、1人の選手からコロナ陽性反応が確認されたことが明らかとなった。

 そしてその選手というが、昨年の晩夏にコロナ陽性が確認されていた、エジミウソン・フェルナンデス。これにより24才のMFは、「ドイツサッカーリーグ機構が策定した衛生コンセプトに則り即座に隔離されている」という。

 さらにクラブ側からは今回の陽性反応という結果が、「夏に感染したウィルスの残存した分であったのか、それとも新たな感染であるのかについては、現在調査中です」との発表もなされている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報