ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月05日

マインツ、新戦力のグレッツェルは週末からオプションに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05が明後日の試合にむけた理想的な流れは、以下の通りだ。明日金曜に行われるPCR検査にて、先日加入したロベルト・グラッツェルから無事陰性が確認され、規定されていた5日間の隔離を終了しトレーニングへと参加するということ。同じく今冬加入のダニー・ダ・コスタとドミニク・コールが共に、1回の練習参加でオプションとなったことや、ロビン・クアイソンが前節に膝を打撲した状況を思えば、いきなり先発メンバーに名を連ねている可能性は高い。

 「当然のことながら、我々は練習での印象を確認しなくてはならないし、その上で共同で決断を下していかないといけない。ただイングランドではフルメニューをこなしており、我々の下で行ったテスト数値も素晴らしいものがあったよ」と、ボー・スウェンソン監督は評価。ちなみに2019年にもマインツは同選手の獲得に向かっていたようで、シュミット監督によれば「ドイツのクラブではそれは不可能なものだた」とコメント。英国2部ハイデンハイムは、移籍金として620万ユーロを支払っていた。なおそのカーディフとの契約は2022年までで、マインツに買取オプションは付随していない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報