ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月29日

スウェンソン監督、マインツ残留を明言「自分の未来はマインツにある」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 成功を収めていけばそれだけ、他クラブからの関心は高まりをみせていくもの。それはサッカーの世界のおける1つの鉄則であり、そして1.FSVマインツ05のボー・スウェンソン監督にも当てはまるものだ。特にバイエルンへと移籍するナーゲルスマン監督の後任候補として、RBでの関係性から名前が浮上していた同氏だが、水曜日には引き続きマインツにて指揮をとっていく考えを強調している。 

 「今は4月28日。そして就任当初のインタビューで私は、何度も長期的にクラブを発展させていくことを目標として口にしていた。それがたった4ヶ月で一変するなんてことはない」と述べ、「自分の将来はここマインツにみている。これからを非常に楽しみにしているし、だからこそ長期契約を締結しているのだ」と語った。「それにRBのことは理解しているが、たった16試合のsブンデスでの指揮をとった人物を、優勝争いするクラブが招聘するものかね」

 その一方で来週月曜のヘルタ戦に向けてスウェンソン監督は、2日間の休養の後に水曜日から練習を再開。前節のバイエルン戦で頭部を負傷した、ヨナタン・ブルカルトは個人練習を行なっており、木曜日からはチーム練習へと復帰する見通しだという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報