ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月13日

マインツのラヴァレー、来季もシントトロイデンへレンタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス1部残留がほぼ確定したことにより、1.FSVマインツ05は来季に向けた最初の人事を発表した。ディミトリ・ラヴァレーは引き続き、ベルギー1部シントトロイデンへと「もう1年レンタルを延長することが理にかなっていると、互いに合意した」と、シュミットSDは明かしている。「彼はここでレギュラー選手として成長している」

 ジャン=フィリッペ・マテタについては、今冬に2022年までの買取オプション付きのレンタルで加入した、クリスタル・パレスにてまだバックアップに甘んじているものの、ホッジソン監督は「激しいプレスをかけるチームに慣れることは大変なことだが、どんどんプレミアに慣れてくれることを期待している」と語った。

 また他の現在レンタル中の選手たちは、いずれもこの夏よるマインツへ復帰するようなことはないだろう。フライブルクにレンタル中のフロリアン・ミュラーは先発を続けられる新天地を模索。アーロン(セルタ・デ・ビーゴ)、チ・ドンウォン(ブラウンシュヴァイク)、イサー・アバス(トウェンテ)、ヨナタン・マイアー(ドレスデン)、アハメト・ギュレイエン(ヴィースバーデン)、ダヴィド・ネメス(シュトゥルム・グラーツ)らも、今後は不透明な状況だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報