ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月28日

マインツ、カリム・オニシウォと2024年まで延長

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ルコキの獲得、バレイロの延長に続き、1.FSVマインツ05は、カリム・オニシウォとの契約を更新したことを発表した。来季までとなっていたオーストリア代表FWとの契約は、新たに2024年までに設定されている。「後半戦でカリムは大いに楽しませてくれた。これからもずっと共に戦っていきたいという気持ちに、陰りなどなかったよ」と、シュミットSDはコメント。「ここで彼は、継続的に成長を遂げてきたんだ」と言葉を続けている。

 一方でスウェンソン監督は「ピッチの内外で素晴らしい選手であり、チームのために懸命に取り組み、自らの立場を確立している選手だよ。オフェンシブな選手だが、常に最初のディフェンダーとしてもプレーし、身を挺してチームに貢献してくれている。」と評価。「走力とスピード、決定力」を挙げ、「多くのポテンシャルをもった選手だ。」と語った。

 かつてハイデル取締役、そしてシュミットSDが監督だった時代にマインツへと加入したオニシウォは、改めて今回の延長について「マインツは僕のサッカーの面でのホームとなっており、このクラブでも、そしてこの街でも、とても居心地良く過ごせているよ」と述べている。あとは攻撃陣としては来季まで契約を残すヨナタン・ブルカルト、今季までのアダム・サライとロビン・クアイソンの動向が気になるところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報