ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月24日

マインツ、クンデのオリンピアコス移籍を発表

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通り1.FSVマインツ05は水曜夕方、クンデがオリンピアコスへと移籍することを発表した。今季まで契約を残していたマインツ側は、今回の移籍によって140万ユーロの移籍金と成果に応じたボーナスを手にすることになり、クンデは新天地と2024年までの契約を締結している。

 今回の決断について、マルティン・シュミットSDは「自分のキャリアを別の場所で、新しい刺激を与えて再出発させたいという希望を伝えられた」と説明し、「その希望を我々としては受け入れることにした」とコメント。

 2018年にアトレチコから加入後、2シーズンに関しては順調にプレーしていた同選手だったのだが、12月に膝の手術を受けたこともあり、スウェンソン監督に交代するも中盤での争いは、バレイロやコールの後塵を拝する結果になっていた。

ダーメンには移籍の許可は下りず

 優勝を果たした先日のU21欧州選手権にて注目を集めた、GKフィン・ダーメン。だがクラブではツェントナーに次ぐ2番手として、引き続き新シーズンも迎えることになりそうだ。

 クリスチャン・ハイデル取締役は「うちには2人の良いGKが存在しており、これで我々はシーズンへと入る。あとは決断をするのは監督だ。このポジションについては、変更は行われないよ」と明言している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報