ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月17日

堂安律にマインツ、フランクフルトやハノーファーも関心?

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オランダ1部PSVアイントホーフェンの地元紙アイントホーフェン・ダグブラッドが報じた情報によれば、堂安律に対してドイツの3クラブ、室屋成が所属するブンデス2部ハノーファー96、スウェンソン監督就任から絶好調の1.FSVマインツ05、長谷部誠や鎌田大地も所属する昨季5位アイントラハト・フランクフルトが、具体的な関心を示しているという。

 昨季にブンデス昇格組ビーレフェルトにレンタル移籍していた堂安は、そこで全34試合に出場して5得点、3アシストをマーク。特に最終節ではブンデスリーガ残留を決定づける、重要なゴールを決めるなど、主力選手として残留に貢献。なおPSVでは移籍金650万ユーロを求めており、特にPSVにとっては最前線補強へ投資の余地が生まれる、とも報じている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報