ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月15日

マインツ痛恨、シン・ジュステに年内全休の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2週間前に行われた1.FCウニオン・ベルリン戦にて、右肩を脱臼していた1.FSVマインツのジェリー・シン・ジュステが、週末に控えるボルシア・ドルトムント戦を欠場することが明らかとなった。むしろ手術を受ける必要があり、このまま残り前半戦を全休する可能性もでてきている。

 ボー・スウェンソン監督は「まだ手術をする場所、時間、離脱期間など、まだ何ともいえない状況だよ」とコメント。「ただ我々にとって大きな損失であることは間違いない。彼のそのクオリティやスピードのみならず、リーダーシップをもった人格者なのだ。それらの全てを失うことを意味するのだよ」と言葉を続けた。
 
 おそらくその代役を務めることになるのがダヴィド・ネメスであり、さらにコロナ感染が伝えられてたアレクサンダー・ハックも復調。「理論的には」先発候補となるようだが、それでも練習の遅れを踏まえてベンチスタートとなる可能性が高い。また主将ムサ・ニャカテの復帰も期待されているところ。加えて半月板の手術を受けたアダム・シャライにもメンバー入りの可能性があるようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報