ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月15日

最速DFシン・ジュステ欠くマインツ、高速FWハーランド対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日の土曜日に1.FSVマインツ05は、敵地シグナル・イドゥナ・パークにて強豪ボルシア・ドルトムントと対峙することになる。そこで大いに警戒しなくてはならない存在となる選手の1人が、エルリング・ハーランドだ。ブンデスを席巻し続ける快速FWは、この試合からの復帰を視野に入れているところであり、「彼の出場の可否はさほど影響するものではないよ、なんてことは口にすることはできないさ。彼は世界でも5本の指に入るFWだよ」とコメント。とりわけ最高速度35.94km/hを記録する俊足ストライカーに対して、本来ならば最高速度36.63km/hという、2011年に計測開始以来ブンデス最高速度を記録したDFジェリー・シン・ジュステの欠場が確定済みなだけに、その対応へ頭を悩ませることは確かである。

 ハーランドのみならず高いオフェンス力を誇るドルトムントに対しては、マインツとしては強力な守備陣を形成していく必要があるにも関わらず、さらにこの試合ではボランチのドミニク・コールが出場停止に。「代役は十分にいる。穴埋めは可能だ。ドミニクは我々にとって中心的な選手ではあるけども」と指揮官が述べるように、候補としてはレアンドロ・バレイロ、アントン・シュタッハ、ニクラス・タウアー、イ・ジェンソン、ジャン・パウル・ボエチウスが控えるが、ただ後者2人はコールの代役にはより攻撃的なタイプであり、定期的に出場機会を得ているのは他にバレイロしかいない。確かにバレイロもコールの位置まで普段より下り目となる必要はあるが、ただ対人戦勝率でそのコール(51.9%)を上回る53.7%を記録している点も評価できるだろう。

【10月16日22時半〜】
ドルトムントの先発予想(3位):コーベル – ムニエ, ジャン, フメルス, N.シュルツ – ヴィツェル – ブラント, ベリングハム – ロイス – マレン, ハーランド
負傷,etc.:クリバリー (復帰途中), ゲレイロ (筋損傷), モリー (膝の負傷), ムココ (筋損傷), レイナ (復帰途中), シュメルツァ (復帰途中), ザガドゥ (膝の手術)
マインツの先発予想(9位):ツェントナー – ネメス, ベル, ニャカテ – ヴィドマー, バレイロ, シュタッハ, ルコキ – ブルカルト, イングヴァルトセン – オニシウォ
負傷,etc.:ハック (コロナ感染), コール (出場停止), シン・ジュステ (肩の負傷), Ad. シャライ (半月板の手術)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報