ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月13日

マインツ、アンジェロ・フルジーニを獲得

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05は火曜日に、アンジェロ・フルジーニを獲得したことを発表した。フランス1部アンジェSCOでは2017年に加入して以来、リーグ戦149試合に出場して20得点、15アシストをマーク。これからはジャン=パウル・ボエチウスの穴埋め役として、攻撃的MFとしての活躍が期待されているところ。契約期間は2026年6月末日までで背番号は10。

 「フルジーニはフランスにて素晴らしい育成を受けてきた選手であり、フランスの全てのユース代表を経て、過去数年の間でリーグアンでの立場を確立した選手だ。特にセットプレーを得意としており、プレーで違いを生み出すことのできる選手だよ」と、マルティン・シュミットSDは評価。「アンジェロは適齢期にあり、また彼のプレースタイルはうちに欠けていたものでもある」と言葉を続けた。

 元フランスU21代表はアンジェとの契約をあと1年残しており、そのためマインツは獲得に際して移籍金500万ユーロ、さらに成果に応じたボーナスが最大100万ユーロ加味される形で獲得した模様。これから早速サマーキャンプに合流する事になるが、スウェンソン監督は「彼は加入を切望してくれたし、それは非常に重要なことだったよ」と説明。「典型的なトップ下というわけではないがチームのために精力的にプレーするタイプで、うちのスタイルに完璧にフィットする」とチームの強化への期待感を示している。

 フルジーニは、「いくつかのクラブからの関心をもらったのだけど、でもマインツ05が僕にとって正しいクラブだと感じたんだ」と指揮官の言葉を認めた上で、「スウェンソン監督との会話だけでなく、僕の非常にいい友人であるムサ・ニャカテとの話し合いの中でもその確信をもてたんだ。今はブンデスリーガ、そしてマインツのファンのことについて、とにかく楽しみにしているところだよ」と意気込みを見せた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報