ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月04日

トーマス・ミュラー「再び重要な役割を」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mue8-1493817691
その陽気な発言などから、インタビュアーにとっては嬉しい存在であるトーマス・ミュラー。2
009年にブンデス初得点をマークして以降、常にキャリアは上昇カーブの一途を辿り、チャンピオンズリーグ、ワールドカップ制覇。6度のブンデス優勝、2010年ワールドカップ得点王など、これまで輝かしい実績をのこしてきた。

「そして去年はリーグ戦で20得点をマークした。これまでよりもはるかにいい数字だったね。今年は周囲はそれを期待していたのだろうけど」とミュラー。

しかし今季は「それで前半戦が得点0に終われば、議論に発展しても致し方ないというものさ」と述べており、「でも僕は感情的にならずに、しっかりと分析しようとしているけどね」と言葉を続けている。

確かに得点は今季わずかに1ながら、アシストの数ではブンデス2位となる14アシストを記録はしている。

それでも「前半戦で悪かった自分のせいなんだけど」と前置きした上で、「プレーしたい、重要な試合で役割を得られないときがあった。」とミュラー。

「特に一発勝負のトーナメントでは、監督はベストと考える11人を出すものさ」と悔しさをにじませ、「僕としては、これから再び重要な役割を担える、そんな存在に戻りたい」と、来シーズンに向けて闘志を燃やした。

なおその来季からは、ラームの引退に伴いキャプテンのポストが空くことになるが、「別にキャプテンではなくとも、先頭に立ってチームを引っ張って行く。それは僕もこれまでにやってきたことさ」とコメント。

「キャプテン争奪戦なんておきないさ」そう話すミュラーの視線は、もっともっと大切なことへと向けられている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報