ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月14日

復帰したハインケス監督「難しいタスクだがうまくやれる自信はある」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


カルロ・アンチェロッティ氏のあとをうけ、週末のフライブルク戦から再びバイエルンの指揮官へと復帰するユップ・ハインケス監督。「ここ数日は、私の周りではめまぐるしく、様々なことがおこったね」と語った72歳の老将は、今回の代表戦期間について「非常に多くのことに取り組むことができた時期だったよ」と振り返った。

「これからどれほど困難なタスクが待ち構えているのか、それはちゃんと理解しているよ。今週は多くのポイントを指摘したんだ。どう動くのか、同チームとしてプレーし、どこでプレスをしかけ、どこで第二波をもってくるのか。正確性やタイミング、ポゼッション、息の合わせ方にどう重点を置いていくのかなどね」

なおここまでのチームの印象については、「意欲的だし、楽しんで取り組んでいるように思うよ」とハインケス氏はコメント。相手のフライブルクについては「厄介ない相手さ」と述べ、「大きな期待感を感じているし、自分でもうまくやれると感じている。そうじゃなくてはここに戻ってなどいないさ」と意気込みを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報