ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月25日

ハインケス監督、ライプツィヒ撃破には「最高のパフォーマンスが必要」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


監督就任からここまで、公式戦3試合すべてで勝利を収めてきたユップ・ハインケス監督。月曜日には休養を与えた指揮官は、ここまでの選手たちの印象について「非常に敬意と規律をもって取り組んでいる。素晴らしいよ」と賛辞を送った。

なおこれからは国内カップ戦であるDFBポカール2回戦が控えているところなのだが、前回の組み合わせ抽選の結果、その相手は昨季ブンデス2位のライプツィヒに決定。ハインケス監督は「トップパフォーマンスが求められることになるよ。生き残っていくためには」と警戒心を示している。

その一方でこの試合では、先日に大腿筋の負傷が伝えられたトーマス・ミュラーが離脱することになり、代わりのトップ下の先発候補がハメス、そしてティアゴと見えられているところだが、まだ指揮官はその答えについて明かすことはなかった。

さらに肩の負傷から復帰をめざすハビ・マルティネスについては、「いい練習はできているし、痛みはないというシグナルは受けている。帯同はするが、しかしまだ考えているよ。決断は明日だ」との考えを述べている。

ただし足首に打撲をうけたマッツ・フメルスと、膝に打撲を受けたキングスレイ・コマンについては、すでにオプションとなることが明らかとなっており、明日の試合では先発メンバーに名前を連ねる可能性もあるだろう。

また就任から3試合で無失点を継続しているところだが、「まだ中盤において、攻守のバランスを見いだす必要があるよ」と課題もあげつつも、「無失点というのはとてもポジティブなことだし、総じて見て我々はいい流れでこれている」と、ここまでについて振り返った。


バイエルンの先発予想:ウルライヒ – キミヒ, J.ボアテング, フメルス, アラバ – ハビ・マルティネス, ティアゴ – ロッベン, ハメス, コマン – レヴァンドフスキ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報