ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月22日

ブレーメン戦病欠のフメルスとアラバが、チーム練習参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われる次節のホッフェンハイム戦では、バイエルン・ミュンヘンは再び、マッツ・フメルスダヴィド・アラバを戦列に加えることができそうだ。両選手ともに月曜日から、チーム練習参加を果たしている。

フメルスは後半戦の2試合、レヴァークーゼン戦と週末のブレーメン戦でともに風邪と発熱の影響で欠場。代役はニクラス・ズーレが務めており、ブレーメン戦ではオウンゴールを喫してしまった。

一方のアラバは、ブレーメン戦では胃腸炎のために欠場を余儀なくされており、代役はフアン・ベルナトが務めている。

また負傷を抱えるティアゴとマヌエル・ノイアーに関しては、まだ復帰することはできない。ただしティアゴについては、すでに金曜日からピッチに戻ってきており、11月終わりのCLアンデルレヒト戦でおった大腿筋の筋損傷からの回復を目指しているところだ。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報