ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月29日

サンドロ・ワグナー「バイエルンなら短時間でも得点できる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイエルンに復帰して3試合目となった古巣ホッフェンハイム戦では、これまでと同様に終盤からの出場となったサンドロ・ワグナー。だが今回は投入から6分後に復帰後初ゴールも決めて見せた。「僕は現実的でね。得点は決めたけど、でも数分間だけのプレーでも決して難しいことではないさ。それに試合は体勢が決まった後のものだったし」とコメント。今回は古巣との初対戦で決めたものだったが「過去に1年所属したかとか家族がコーチしているかとか、そういったしがらみは関係ないんだ。得点を決めたら喜ぶ、それだけのことだよ」と言葉を続けている。

「今回は僕がはじめて公式戦でつかんだ得点チャンスだった。ここで掴めるチャンスの数は違うからね、他のブンデスのクラブとはクオリティ面でレベルが違う。それをわかっているからこそ好意的に判断したんだ。たとえ数分でもチャンスは掴めるし、得点を決めることができる、とね。あとは自分次第だよ。今回はうまくいったし、これが続くことを願っているところさ。」

またチームメイトからも惜しみない賛辞が送られており、「サンドロは僕たちにとって素晴らしいやつさ。こういう選手が控えているというのはとても重要なことだよ。彼は今のドイツ人のなかでベストのCF。このゴールは彼に好影響を与えるだろうし、これからも僕たちを楽しませてくれることだろう」と、スウェン・ウルライヒは述べ、さらにトーマス・ミュラーも「古巣相手に最初の得点を決めるなんて、いいストーリーだよね。とても喜びでいるのがみてとれたよ。だから今回はいい締めくくりを目にしたといえるんじゃないかな」と語った。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報