ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月25日

鼻骨骨折のルディが手術、韓国戦では出場の可能性も

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜日にセバスチャン・ルディが、鼻の手術を受けていたことが明らかとなった。だがそれでも、水曜日に行われる韓国戦では再びオプションとなる可能性があるという。

診断の結果、試合後にヨアヒム・レーヴ代表監督が指摘していた通りに、鼻骨を骨折していたことが判明。その翌日にはすでに手術を受けていたことも含めて、ドイツサッカー連盟は報告を行なっている。

同選手は前半25分に、相手FWトイボネンの足を顔面に受けて負傷。ピッチ外で止血を試みていたものの、最終的に31分からイルカイ・ギュンドアンが代わりに起用された。

だが骨折、手術にも関わらず、ルディは水曜夕方(日本時間23時)から行われる、韓国代表戦で再びオプションとなる可能性があるという。ドイツの国営放送ARDに対して、ビアホフ氏は「今はそのことに取り組んでいるところだ」とコメント。いかに麻酔の負担を克服できるかも1つの鍵となり、いずれにせよ特殊な保護マスクを装着して復帰を試みることになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報