ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月20日

バイエルンのコヴァチ監督「パヴァールはとても良い選手」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


トーマス・トゥへル監督率いるパリ・サンジェルマンとのテストマッチを二日後に控え、ニコ・コヴァチ監督はメディアとの質疑応答を行なった。「選手たちはファンタスティックだよ」と賛辞を送った新指揮官。特にベテランのアリエン・ロッベンについて「みごとだ」と賞賛し、さらに「オーバーロードにならないように心がけているよ。来週からはまた力を注いで取り組むことになるからね」とも付け加えた。

なお昨季にユップ・ハインケス監督の下でアシスタントを務め、先日続投が発表されたペーター・ヘルマンACについては、本来は9月1日から仕事始めとなる予定だったものの、すでに練習場へと姿をみせており、来週から行われる米国ツアー参加を見送る、ワールドカップ参加の選手たちや若手らの練習での指揮を任せることにもなる。

「本来、もっと長くワールドカップの残ると思っていたから、ノイアーと話し合いを行なったよ。ただそれでも米国ツアーには参加しないことになった。7月25日よりヘルマンコーチの下で、U19やU23の選手たちと共にトレーニングを行う。そして8月2日からのキャンプに向かうよ。彼らには一度、頭を空っぽにしてもらう必要があるんだ」

その一方で今回のワールドカップで活躍を見せた、シュトゥットガルトのベンジャマン・パヴァールについては、バイエルンへの移籍が取りざたされているものの。こちらについては「特に言うことはない。ただ彼がとても良い選手だという認識はもっている。それは今回のワールドカップでも証明していたね」とコメント。なおkickerが得た情報では、パヴァールの契約には来夏に移籍金3500万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれているものの、しかしながら別の言い方をするならば今夏ならばさらに高い金額でも売却可能との見方もできる。

またレアル・マドリードからレンタルで加入している、ハメス・ロドリゲスについては、このままバイエルンでプレーすることになるようで、「ちゃんとレンタル契約が結ばれていて、それは有効なものなんだから。ここに残るということは、明確にされたことのようにみえるが。」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報