ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月26日

レヴァークーゼンの戦術を担う頼れる男アランギス

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レヴァークーゼンにおける中盤のエンジンであり、ブレーキでもある戦術家。必要とされる場所へと巧みにポジショニングをとり、決して出しゃばることなく、信頼のおける欠かせない存在。チリ代表のビダルやサンチェスらからも高く評価を受けているチャールズ・アランギスについては、特に母国チリでは毎年のように移籍の噂が浮上する。

「何も新しいことではないさ」と、南米・チリの事情に精通するヨナス・ボルトSDはコメント。むしろレヴァークーゼンとしては今季いっぱいまでとなっている29才のMFとの契約延長を求めているところだ。ただし今はアランギスは膝に炎症を抱えて練習参加を見送っているところだが、このことについては「明日開幕ならプレーできる状態だ」と軽傷であることを強調。「痛みに対してうまく対応できているよ」と付け加えた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報