ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月30日

コヴァチ監督、マヌエル・ノイアーの主将続投を明言

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンの監督として迎えるブンデスリーガ開幕戦を1ヶ月後に控え、ニコ・コヴァチ監督はkickerとのインタビューのなかでマヌエル・ノイアーが、このままバイエルンの主将を努めていくことを明言した。

 フィリップ・ラームが現役引退を表明した昨夏より、バイエルンの主将を担っている同選手だが、このまま2シーズン目を迎え、トーマス・ミュラーが副主将を務めるのかとの問いに「その通りだ」と返答。

 「我々としては特に変更を考えてはいない」と述べ、「確かに日替わりで主将を変えられるだけのメンツがそろってはいるけどね。そのいずれの選手たちも、チームのことに精通し、そしてチームがどういった価値へ重きを置いているかもよく知っている」とコメント。

 「アリエン・ロッベン、フランク・リベリ、マッツ・フメルス、ジェローム・ボアテングといった選手たちは、キャプテンマークがなくとも皆がキャプテンだ。」と、言葉を続けている。

 なおコヴァチ監督が抱くキャプテン像とは、「チーム内において監督の手が届かない部分をカバーできるような、ロッカールームでうまく対応できるようなリーダーショップの持ち主」であり、「今日のサッカーにおいては、監督が全てをカバーできるものではない。それにはあまりに職務が複雑すぎる」との見方を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報