ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月01日

バイエルンがレヴァンドフスキ売却を否定。「他のクラブとは違う所を見せる」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルメニゲ代表は『tz』に対して、移籍を希望しているロベルト・レヴァンドフスキについて言及。改めてクラブとしての立ち位置について強調した。

 ボルシア・ドルトムントから移籍金なしで2014年に獲得して以降、ここまで4年間でリーグ戦126試合に出場し106得点23アシストをマーク。バイエルンはポーランド代表主将との契約を2021年まで残しており、「仮に1億ユーロや1億5000万ユーロ積まれても、特に彼を手放すことに興味はないね」と同氏。

 そして今回はルメニゲ氏が改めて、クラブがもつ「哲学」を強調した上で、「ロベルトを1つの模範例としたい。それを内外に誇示したいと思う。バイエルン・ミュンヘンは、限界値を設けて売却に流れてしまうクラブとは違うのだと。我々の扉は、しっかりと閉められている所を示したい」と宣言した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報