ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月23日

ルディ争奪戦でライプツィヒ脱落、残るはシャルケ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  今夏にリヴァプールへと移籍したナビー・ケイタの後釜候補として、ライプツィヒからの関心が伝えられているセバスチャン・ルディ。先日バイエルンのウリ・ヘーネス会長は、同選手に対して移籍交渉の許可を出していることを明かしており、火曜日には両クラブによる話し合いが行われた。

 そこでバイエルン側は移籍金として約2000万ユーロ、さらに買い取りオプション付きのレンタルについても議題としてあがっていたようだが、しかしライプツィヒ側はその両方のオプションともに首を縦に振ることなく、交渉は破断に終わったようだ。

 これによりセバスチャン・ルディに現状で残された道は、バイエルンでの定位置争いをこのままつづけていくか、それとももう1つの関心が伝えられているクラブ、シャルケにて新たなチャンスを模索するかの二択ということになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報