ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月24日

コヴァチ監督「一人の人間としてレヴァンドフスキと話した」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンの王者として通例通り、ブンデスリーガ開幕戦を先陣を切って迎えるバイエルン・ミュンヘン。今回の相手TSGホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は先日リーグ制覇の夢を抱いていることをあかしていたが、このことについてニコ・コヴァチ監督は「ユリアンのことを評価しているし、ホッフェンハイムというチーム自体についても同様のことだ」とコメント。「ライバルの存在というものは喜ばしいものだ」との考えを示した。

 なお今季からバイエルンの指揮官としてシーズンを迎える同監督は、これまでのい準備期間については「現時点ではっきりと自分たちの立ち位置を認識できるものなどいない」としながらも、「誰でも順調にこれていると考えるものではあるし、金曜日ではトップパフォーマンスを見せてくれるものと期待している」と述べている。

 ただ先発メンバーやシステムについては公言することはなかったのだが、試合に向けては「喜びとチームスピリット、エゴ、パッションといったものを1つにまとめて臨まなくてはならない。そうすることで大きな成功というものは手にすることができるものだ」と語った。

 
 また今夏には移籍希望が伝えられていたロベルト・レヴァンドフスキが先日、種ポルト・ビルトとのインタビューの中で、チームから守られていなかったことや評価の低さなどクラブへの批判を展開。ただ監督との話し合いの結果で考えを変え残留を宣言しているが、このことについてコヴァチ監督は 「話し合いは非常にインスピレーションを与えるものだった。私は監督としてではなく、一人の人間として接した」と説明。

 「彼の状況については私も選手時代に知っているもの、時にはボタンの掛け違いや支持を得られていないと感じるものだ。彼には理解を示したと同時に、我々の前にはタスクがあることも伝えたよ」と述べ、「重要なことは彼のメンタル面がフレッシュであること。とてもいい練習ができているし、とてもいいプレーをみせ、すでに4つもの重要なゴールを決めた。彼はこのチームのために全力を尽くそうととても意欲的だよ」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報