ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月06日

バイエルンのヘーネス会長、大掛かりなローテーションについて指摘

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にバスケットボールの試合を観戦していたバイエルンのウリ・ヘーネス会長は、現在の不振の要因について「おおがかりなローテーションと、それによって多少の不具合が生じている」との見方を示した。その結果、バイエルンは公式戦3試合で続けて未勝利がつづいており、リーグ戦ではボルシア・ドルトムントに首位を譲る格好にまで陥っている。

 確かにヘルタ・ベルリン戦でニコ・コヴァチ監督は、アウグスブルク戦と比較して6選手を、つづくアヤックス戦では3選手の入れ替えを行った。つまりはこれは多すぎるということなのだろうか?「いや、まずはそれを意識していると言う程度だ」と同氏。「これはあくまで監督の職務の範囲なのだ。そして彼が決断を下すということ。最終的には彼自身がそういったことを念頭に置いておかなくてならない」

 そうコヴァチ監督の立ち位置について明白に考えを示したヘーネス氏ではあるのだが、しかしながら「決して大げさにとらえているということではない」とも強調。「今の所は確かに、我々は問題を抱える結果となっている。しかしながらそれはいたって普通のことだよ。周囲の騒ぎについては理解に苦しむね。わずか10日前には、まるでリーグ戦は2位以下の争いという見方をしておきながら、今はうちで全てが崩壊してしまったとでも?」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報