ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月09日

バイエルンのフメルス「チャンスが作れない」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日に行われたボルシア・メンヒェングラードバッハ戦では、バイエルンのウィンガーも、そして中央に配置された選手たちも、そのいずれも創造性を活かし相手陣内で打開策を見出すということがなかなかできなかった。「それは明らかなことだよね」と語ったマッツ・フメルスは、「チャンスを作りだすという部分で物足りないところがある。なかなか決定機を迎えられないんだ。いいプレーをしているとはいえないよね」と言葉を続けた。

 アウトサイドではスピードに欠け、そして中央ではパスの正確性に欠ける。その結果、相手から穴を見つけることも崩すこともままならない状況が続いているのだ。キミヒやアラバといった両サイドバックがボールを持っても、パスの出しどころとして前に選手が控えていない。「確かに僕たちはボールをもててはいるけど、でもどこにいるかが大事なんだ。危険なエリアではないところにたくさんの選手がいるんだよ。それがバイエルンに復帰して以降、しばしば見られている」

 一方でニコ・コヴァチ監督は「理論的にみて、別のものを目にしたいとは思っている」としながらも、しかしながらあくまでその責任は自分にあることも強調。「最終的に責任は私にあるし、それこそが私の役目なのだ」とコメント。「選手たちが代表から戻ってきたら、早急に改善を行なっていかなくてはならない」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報