ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月15日

バイエルンからニュルンベルクへレンタルで加入の若手MFティルマン

1. FCニュルンベルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日にティモシー・ティルマンは再び、トップチームの一員としてプレーし、5部相当DJKヴィルツィングとのテストマッチで45分間出場。チームは5−0で勝利を収めた。

 3年前にフュルトから大きな才能をもったMFとして、50万ユーロでバイエルンに加入した同選手は、4部相当に属する下部チームでは昨季、リーグ戦31試合に出場するもトップチームでの出場はなく、今夏には昇格組ニュルンベルクへとレンタル移籍したが、いまだブンデス1部でのデビュー戦はお預けのままとなっている。

 シーズン当初ではベンチ入りは果たすことができていたのだが、滑り込みで今夏にニュルンベルクがペレイラ、ミシジャンらを獲得したために、その座を明け渡すことに。ただニュルンベルクのケルナー監督は、バイエルンではウィンガーとされていたティルマンを中央の選手とみており、そこではニュルンベルクではベーレンス、レーヴェン、フクスら激しい定位置争いが繰り広げられているところだ。

 果たしていつまで下部チームで実践経験を積み重ねていくことになるのか。いつトップチームに昇格することができるのか。今後のキャリア形成はどうなっていくのか。それら全ての疑問の答えは、ティルマン自身が下部チームであろうとも、トップチームの中であろうとも出していかなくてはならないものだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報