ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月19日

アラバ「バイエルンの選手達は貪欲に取り組んでいる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 勝利に慣れ親しんできたバイエルン・ミュンヘンの選手たちだが、しかしここ数日は考えを変えていかなくてはならなかったことだろう。公式戦4試合連続未勝利から、軌道修正をはかっていかなくてはならないのだ。それは今回ドイツ代表に参加していた選手たちにもいえたことだったのだが、しかし残念ながらネイションズリーグの2試合ではいずれも敗戦。自信回復へはつながらずにいる。

 すでにそのノイアー、フメルス、ミュラー、キミヒらは木曜日から、ミュンヘンにて練習を再開。不在となったのはコロンビア代表参加のハメス、そして負傷を抱えるコマン、トリッソらとなった。筋肉系に問題を抱えていたレオン・ゴレツカとジェローム・ボアテングについても、練習に参加している様子がみられている。

 さらに同じく筋肉系に問題を抱えていたダヴィド・アラバもまた、フルメニューを精力的にこなしていたが、その時のチームメイトらについて「いかに集中し、そして貪欲に取り組んでいたかみてとれたことだろう」と賛辞を送り、「練習を楽しんで行なっているよ」と言葉をつづけている。

 なお通算100得点にまであと2と迫っているアリエン・ロッベンだが、実はブンデス150勝目にも王手をかけており、206試合のアラバを抜き、最速での到達ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報