ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月07日

「アンチェロッティは、彼を獲得してたらバイエルンの監督だった」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 あのスター選手を獲得できていれば、カルロ・アンチェロッティが解任される事態には陥らなかっただろう・・・。アンチェロッティ氏のアシスタントを務めた、ジョルジオ・チャスキーニ氏が イタリアのラジオ局„A Tutto Napoli“にそう発言したことを、SportBildが6日づけの記事で報じている。

 「あのとき我々は、バイエルンとカリドゥ・クリバリについて話していたんだ」と明かした同氏は、「もしも彼を獲得できていれば、我々は今もなおブンデスリーガで仕事をしていたことでしょう」とコメント。だが最終的にクリバリはナポリ残留、バイエルンはドルトムントからマッツ・フメルスを迎え入れた。

 ただ必然か偶然か、そのアンチェロッティ監督はバイエルン解任後、今年の5月からそのナポリの監督へと就任。いまはそのクリバリを要して、セリエAでは2位インテルに勝ち点で並ぶ3位。CLではグループリーグ首位リヴァプールに勝ち点で並ぶ2位となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報