ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月09日

年内最後のオランダ戦に臨むドイツ代表、ロイス復帰、ボアテングは見送り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表ヨアヒム・レーヴ代表監督は金曜、年内最後の代表戦にむけたメンバーを発表。前回追加招集を受けたニャブリやターの他に、負傷のために参加を見送っていたマルコ・ロイス、レオン・ゴレツカ、カイ・ハヴェルツらが復帰。ただその一方で、バイエルンのジェローム・ボアテングの招集が見送られた。

 これまで76試合に出場し、ドイツ代表の守備の要として活躍してきた同選手だが、1ヶ月前に行われたオランダ代表戦にて筋肉に問題を抱えており、続くフランス代表戦では欠場。ただ既に復帰は果たしているのだが、バイエルンのニコ・コヴァチ監督はむしろ「これで今後呼ばれなくなるという意味ではないし、ここでトレーニングに集中できる。最近の試合ではよくなっているしね」とコメント。

 また肩を負傷したバルセロナ所属のマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンに代わり、アーセナルに今季より加入しているベルント・レノが代表復帰を果たしている。なお試合はまず11月15日にライプツィヒにて、ロシア代表とのテストマッチが控えており、そしてその4日後にゲルゼンキルヒェンにて、ネイションズリーグの最終戦オランダ代表戦が行われるところだ。


 GK:マヌエル・ノイアー(バイエルン)、ベルント・レノ(アーセナル)、ケヴィン・トラップ(フランクフルト)

DF:マティアス・ギンター(グラードバッハ)、ヨナス・ヘクター(ケルン)、マッツ・フメルス(バイエルン)、ティロ・ケーラー(パリSG)、アントニオ・リュディガー(チェルシー)、ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)、ニクラス・ズーレ(バイエルン)、ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)

MF/FW:ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)、ユリアン・ドラクスラー(パリSG)、セルゲ・ニャブリ(バイエルン)、ジョシュア・キミヒ(バイエルン)、レオン・ゴレツカ(バイエルン)、カイ・ハヴェルツ(レヴァークーゼン)、リロイ・サネ(マンチェスター・シティ)、マルク・ウート(シャルケ)、マルコ・ロイス(ドルトムント)、セバスチャン・ルディ(シャルケ)、トニ・クロース(レアル)、トーマス・ミュラー(バイエルン)、ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)、マルコ・ロイス(ドルトムント)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報