ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月15日

仏TV解説者との「いさかい」について、リベリが謝罪

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルンのウリ・ヘーネス会長は、先日のドルトムント戦後に起こったフランク・リベリと仏TV解説者パトリック・ギユ氏と「いさかい」を起こしていたことについて、クラブ首脳陣で対応し、近く話し合いを行う考えを示していたのだが、それが本日水曜日に行われた模様。

 騒動が起こったのは試合の1時間後の事で、リベリとな数年来知る関係にあるギユ氏に対して、同氏が解説を務めるbeIn Sportsは「フランク・リベリがギユ氏を侮辱し、身体的ダメージを与えた」と報道。また月曜日にビルト紙は「3度ビンタを見舞った上に、胸をこずいた」と伝えた。

 その引き金となったのは、TV中継の際にギユ氏が、バイエルンの3失点のうち2失点について、リベリが部分的に関与していたと述べていたことにあるようで、水曜日に行われたヘーネス会長、サリハミジッチSD出席の話し合いでは、35才の元フランス代表ウィンガーは今回のパトリック・ギユ氏の兼について謝罪したという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報