ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月28日

インタビュー:レヴァンドフスキ「コヴァチ監督を支持している」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 危機的状況へと陥っていたバイエルン・ミュンヘンのニコ・コヴァチ監督にとって、CLベンフィカ戦での快勝は1つの成功となった。この試合でアリエン・ロッベンと共に2得点をあげたロベルト・レヴァンドフスキは、ロッベンと同様に指揮官を想い喜びをみせており、あらためて「コファチ監督への支持」を強調している。

…5−1と勝利を収めたベンフィカ戦について「メンタルのためにも、自信という部分でも重要な試合の1つだった。これが続いていくことを願っているけど、でもまだ1試合だけでしかない。後半開始の5分間をのぞいて、とてもいいプレーを見せていたと思うし、試合を完全に支配していた。ただどの対人戦も、どの場面でも重要であること、全力で臨むということを決して忘れてはいけない。」

…ロッベンは監督を思い勝利へ喜びを見せていた「もちろんさ!僕たちはみんなで前を見て取り組んでいるし、みんなで戦っている。それをこれからも続けていきたい。監督の事を支持しているし、自分たちがミスをおかしていたことはちゃんと認識している。それぞれが自己反省をすべきだと思うんだ。自分たち次第だよ。今日の試合だって、決して完璧だったわけではないし、そこに目を向けていかないとね。そしてブンデスリーガで自分たちのサッカーをみせていくということだ。」

…年内の目標「どの試合でも勝利をめざしていかないといけない。それから順位表に目を向ける事になるよ。仮に良い状況になくとも、僕たちは決して終わってしまったなんて感じてはいけない。準備期間でまたどうしていくのか、どう挽回していくのか話し合うことになるよ。後半戦ではまだまだどんな可能性だって残されている。」

…この試合では4−2−3−1システムを採用。チームに合っている?「チャンピオンズリーグとブンデスリーガを比較するべきではない。ブンデスリーガでは多くのチームが守りを固めてくるし、あまりスペースを得られないんだ。ブンデスでは落ち着きをもってポゼッションし、そして穴を見つけだしつつカウンターをコントロールしていかないと。守備面でもうまくやっていかないといけないし、その部分は改善点だね」

…連覇は可能?「そのことはまず考えるべきではない。まずは自分たちのプレーを考えるべきっだ。もしも年内最後の5試合すべてで勝利を収められれば、それはプラス材料になることだろう」

…試合前にクラブ首脳陣と話し合いを?「コミュニケーションをはかることは重要なことだし、僕たちは一緒にたくさんのことをクリアにしていった。チームのなかでもね。重要なことは、みんなで1つになって1つの方向へと向かっていくことなんだよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報