ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月28日

バイエルン:ブレーメン戦からコマン、ティアゴ、さらにはニャブリも復帰か

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日に行われたチャンピオンズリーグGL第5節ベンフィカ戦では、危機的状況のなかで5−1と鬱憤を晴らす快勝をおさめたバイエルン・ミュンヘン。さらに週末に行われるヴェルダー・ブレーメン戦では、待ち焦がれていた二人の主力選手の復帰がみられそうだ。

 開幕戦となったホッフェンハイム戦にて、靭帯結合部に損傷を抱え離脱が続いていたキングスレイ・コマンがフルメニューをこなすところまで回復、同じく練習復帰を果たしているティアゴ・アルカンタラ(外側側副じん帯と関節胞の損傷)と共に再びオプションとなることが見込まれている。

 さらに筋肉系の問題を抱えている、セルゲ・ニャブリについても水曜にランニングメニューをこなしており、おそらくは復帰を果たすことができるだろう。その一方で胃腸炎のためにベンフィカ戦を欠場したマッツ・フメルスについては、この日も姿はみせておらず、週末の出場についてはまだ疑問視されているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報