ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月06日

リベリが今度は「金のステーキ」を巡り、SNSで騒動

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フランク・リベリが再び渦中の人となっている。ことの始まりはレストランを訪れた時にあり、元フランス代表MFはそこでSNSと通じて報告。しかしながらそれが批判を受ける結果となり、これにリベリが強行な姿勢でリアクションをみせてしまったのだ。

 今冬にバイエルンがキャンプを行うカタールに合わせ、家族とともに一足先にドゥバイに乗り込み冬季休暇を過ごしたリベリ。そこで「塩振りおじさん」のニックネームで知られるヌスレット・ギョクチェの料理に舌鼓を打ち、中でもツイッター並びにインスタグラムでファンに報告したものが、1200ユーロ(日本円14万8410円)で提供された24カラット分の金箔がほどこされたリブアイ・ステーキ。だがまもなくして、批判の声が数多く寄せられることになる。


 これに対して35歳のベテランウィンガーは、金曜夜に子供ばかげた予告投稿をした上で、土曜日に投稿したものは、「自分は誰のおかげでもなく自身の成功は神と自身、そして自らを信じる気持ちにあるとした上で、「ジェラシーや嫌悪を感じる」人たちに対して「靴下の中に入り込んだ小石ほどの存在だ」と言葉を続けた。
 
 またその矛先はメディアにも向けられており、「ジャーナリストぶって、僕や僕に関することへネガティブなことばかりを書き立てているのに、僕が寄付したりしたことはなぜ一度だって国内の大きなメディアで伝えられないのだろう」とコメント。不当に扱われていると感じており、「家族と過ごす休暇でも僕の一挙手一投足に注目し、おお!こいつは使えるとちっぽけなことを伝えるためにここにいるんだ」と批判を展開している。

 土曜夜にはバイエルンの広報がSIDからの質問に答えており、今回の発言はフランスのジャーナリストに向けられたことで、決して賛同できることではないが、ただあくまでこれは個人の問題であること、そしてステーキのために招待を受けていたことを明かした。

 リベリが渦中の人となったのは、何もそれほど昔のことではない。11月に行われたボルシア・ドルトムント戦での敗戦後に、フランス人のレポーターに対して不当に批判を受けたと暴力をふるっており、その後に「誤ったことをした。ああいった試合の後では感情的になって難しいところがある。彼とその家族にすでに謝罪した」とコメント。当時はバイエルンのヘーネス会長やサリハミジッチSDが仲介に入ったが、どうやらそれではさほどお灸をすえるには至らなかったようだ。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報