ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月14日

ポドルスキ、リベリの『黄金ステーキ』騒動に「大げさ」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今冬ここまで最も大きなブンデスリーガでの話題といえば、フランク・リベリによる『黄金のステーキ』ということになるだろうが、チャリティイベントに参加したヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキは、このことについてリベリを擁護する姿勢をみせた。

 ビルト紙によれば元ドイツ代表FWは、「金のステーキだろうが、銀のステーキだろうが、銅のステーキだろうが、僕からみれば大して差はないことだね。黄金ステーキを食べようがケバブを食べようが、それで彼が別の人間になったわけではないんだから」とコメント。「ドイツのメディアはあまりに大げさなところがあると思う。メディアで報じているほど、大したことではないだろう。」と言葉を続けている。

 だがその後にバイエルン側も問題視し、最終的には高額な罰金が科せられることになったリベリの暴言については、かつてバイエルンでもプレーした点取り屋は「あれはその後に彼も、慌ててしまったと思ったことだろうね」との考えを示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報