ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月30日

バイエルンのワグナーが、中国の天津泰達へ移籍

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りにFCバイエルン・ミュンヘンは、サンドロ・ワグナーが中国リーグ天津泰達へ移籍することを発表した。1年前にホッフェンハイムからミュンヘンへの復帰に喜びを見せていた31才だが、その半年後にはW杯出場の夢が立たれ、そして1年後には好条件を受けた中国へとわたる決断を下している。

 「サンドロ・ワグナーは我々のところにきて、そして契約の解消を申し出たんだ」と、ハサン・サリハミジッチSDは説明。「彼は中国から、非常に魅力的なオファーを受けていたんだ。だから我々はその望みを受け入れることにしたよ。バイエルンでの取り組みに感謝すると同時に、中国での成功と健闘を祈る」とエールを送った。

 ロベルト・レヴァンドフスキのバックアップとして、移籍金1200万ユーロを投じて加入したワグナーは、この1年間でリーグ戦21試合に出場して、8得点をマーク。ただ今回の移籍金額については、今の所は特に明かされてはいない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報