ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月20日

ハメス「マドリードには全てがある」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1月中旬には、バイエルンのニコ・コヴァチ監督から「将来をかけてシーズンに臨むことになる」とハッパをかけられていた、ハメス・ロドリゲス。レンタル2年目となる今シーズンでは、4200万ユーロに定められた買い取りオプションの行使に注目が集まっており、可もなく不可もなくという前半戦から、最近では4試合連続で先発出場。そこで結果も残してきたことで、ようやく居場所を見出してきたところだ。

 そんな中、スペインのラジオ局”Cadena Ser”とのインタビューの中で、ハメスはスペインへの恋しさを「あるよ、ちょっとだけどね」とコメント。つまりはレアル復帰を希望しているということなのだろうか?その問いには、「様子をみてみることになる。今はバイエルンとの契約下にあるんだ。誰も将来のことはわからないよ」と語った。

 レンタル元であるレアル・マドリードのファンたちからは、ハメス復帰への期待が寄せられているが、ハメス自身はミュンヘンでの生活に「喜びを感じている」とした上で、「マドリードでは全てがある」と笑顔を浮かべつつ、「家もあるし、僕を好んでくれる人たちもいる。見てみようよ」と話している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報