ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月11日

リヴァプール戦にむけ、アラバとコマンが順調に回復

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 首位奪還を果たした土曜日の試合では、外からその様子を見守っていたバイエルンのダヴィド・アラバとキングスレイ・コマン。だが日曜日に行われたトレーニングでは、2vs2形式での対人戦の練習を除く全ての練習に参加しており、水曜日に迎えるCLリヴァプールとの第2戦での復帰が大いに期待されるところだ。

 左サイドバックを主戦場とするダヴィド・アラバは、炎症を抱えたためにグラードバッハ戦とヴォルフスブルク戦を共に欠場しており、またウィングを主戦場とするキングスレイ・コマンは、左大腿筋裏の筋損傷を抱えていたのだが、月曜と火曜での判断ではあるもののかなりの期待感を持っても差し支えないだろう。

 なおバイエルンではこの試合、負傷を抱えるアリエン・ロッベンとコランタン・トリッソに加え、トーマス・ミュラーとジョシュア・キミヒが出場停止のため欠場。負傷明けとなるコマンは途中から起用される可能性が高く、週末に3アシストをあげたフランク・リベリが起用されるパターンが理にかなっているといえそうだ。


 ただ逆にいえば、スピードに長けているわけではないリベリは、むしろ相手が疲労してきた際の理想的なジョーカーともみてとれ、そうなった場合にはハメスを左ウィングとして起用、ニャブリを右から左にスライドして、代表では右ウィングでもプレーするレオン・ゴレツカを起用することも考えられるかもしれない。

 その背後となるダブルボランチはマルティネスとティアゴのコンビ、GKはマヌエル・ノイアーが確定だろう。アラバは復調次第で、センターバックではマッツ・フメルスと共に、前回のリヴァプール戦と同様にニクラス・ズーレ。キミヒの代役はラフィーニャが見込まれるが、状態が上向いてきたジェローム・ボアテングの起用もあるかもしれない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報