ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月24日

トーマス・ミュラー「ドルトムントにミスは許されない」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年最初の代表戦期間において、バイエルン・ミュンヘンの練習場では例年になく、数多くのスター選手たちの姿を目にすることができる。ただ逆にみれば、チャンピオンズリーグで既に敗退し、ブンデスリーガへの戦いに集中していくニコ・コヴァチ監督にとってこれはメリットだともいえるだろう。

 現在リーグ戦では、一時は勝ち点差9にまで開いたものの、バイエルンがドルトムントと勝ち点差で並び、さらに得失点差では最近3試合で17得点と荒稼ぎしたことが功を奏して、7点差分リードして首位へと浮上。

 「リーグ争いにおいて、これは良い持ち札だよね」と語ったトーマス・ミュラーは、2週間後に控えた、そのドルトムントとの頂上決戦にむけて「優勝を占う一戦」と位置付ける一方、「でもこれで優勝が決まるわけでもない」とも指摘。その上で「ドルトムントはミスを許されないよ。だって僕たちの調子は本当に良いからね」と自信ものぞかせた。

ラフィーニャ、フラメンゴとの契約締結を否定

 ラフィーニャが自身のSNSにて、母国ブラジルのフラメンゴとの契約書にすでにサインしたと伝えられたことについて否定する発表を行なった。「僕はバイエルンをリスペクトしているし、今はリーグ戦とドイツ杯での自分たちのタスクに集中している。フラメンゴとの契約にサインをしたというのは誤報だ」なおバイエルンとの契約は今季いっぱいまで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報