ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月28日

ドイツの新星ハヴェルツ、レヴァークーゼンの設定金額は1億ユーロ?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにチームの若返り化に向けて、今夏に大金を投じて補強を行う考えを示した、バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長。すでにフランス期待の若手DFの2人、ベンジャマン・パヴァールリュカ・エルナンデスへと投じられたが、さらにドイツのスポーツ専門誌シュポルトビルトでは、遅くとも2020年の夏までにはドイツ期待の若手MFカイ・ハヴェルツの獲得をめざしていると伝えた。

 同紙によればバイエルンは、同選手の獲得に向けて移籍金7500万ユーロ以上を支払う用意があるようだが、これでは不十分だろうとも指摘。同紙がえた情報としてバイヤー・レヴァークーゼンは、ハヴェルツの移籍金として1億ユーロ以下では、過去・現在のマネージャーらによって構成されるメンバーグループによって、売却には応じないという結論に至っているという。

 2010年にアレマニア・アーヘンからレヴァークーゼンへと加入し、まだ10代という若さながらすでにブンデス1部80試合に出場(17得点19アシスト)している188cmの攻撃的MFは、今季はリーグ戦26試合全てで先発出場。10得点4アシストをマークする活躍をみせており、さらにドイツ代表としてもこれまで3試合に出場しているところだ。レヴァークーゼンとの契約は2022年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報