ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月08日

トーマス・ミュラー「若いドルトムントには辛い試合展開だっただろう」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた注目の頂上決戦、バイエルンvsドルトムントの首位攻防戦は、意外な形でバイエルンの5−0と圧勝で幕を閉じた。一体なぜ、このような結果になったのだろうか?この問いを受けたトーマス・ミュラーは、「だって僕たちが5点をとって、そしてドルトムントが1点も取らなかったからだよ」とおどけてみせ、「もちろん重要なものではあるけどね」と言葉を続けた。

 「僕たちは若いドルトムントに対して、試合開始からとても強くプレッシャーをかけていった。もしここアリアンツ・アレナでそれだけのプレッシャーにさらされ、そして間も無く追いかける展開になってしまえば、若い選手にとってはそう簡単にはプレーできなくなってしまうものだよ」

 なお今回のドルトムント戦では、ここのところは右ウィングでのプレーが中心となっていたものの、この日はレヴァンドフスキの周辺でプレーする形での中央にて起用。「中央で自分の良さを発揮できることは、何も目新しい事実でもないさ」と語ったミュラーは、今回の快勝がチームのメンタル面に好影響を与えるとの見方を示しつつ、前節のフライブルク戦でのドロー劇などまだ今後6試合の戦いに向けて警鐘も鳴らしている。


 「リーグ優勝争いのためには、まだこれからデュッセルドルフやニュルンベルクとのアウェイ戦も待っている。決してそう簡単なものではない。彼らは勝ち点を目指して闘争心をむき出しに臨んでくることだろうし、特にデュッセルドルフは今はとてもいい状態だ。まだ自分たちにも課題は残されているしね。今この瞬間は、久々にみせたこれだけのパフォーマンスを喜ぶけど、でも来週うまく行かなかったらまだ一転するのだから」

 ダヴィド・アラバもこれに同調し、「どの試合にだって危機的状況はあるし、全力で僕たちに立ち向かってくる。決して簡単な試合など存在しないんだ」と述べ、「またドルトムントもこれから良いところをみせてくることだろう」と強調。ジョシュア・キミヒは「サッカーではメンタル面が重要だ。僕たちのクオリティは誰もが知るところだし、大抵は僕たちの方が下馬評で優位な立場にある。それを僕たちはピッチで発揮しないと。それは最終的にはメンタル面によるところだよ」との考えを語った。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報