ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月15日

バイエルン、マヌエル・ノイアーとマッツ・フメルスが負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦では、4−1と勝利を収めてリーグ連覇に向け順調に歩みを進めたバイエルン・ミュンヘン。しかしながらこの試合では2人の主力選手が負傷を抱えることとなった。マヌエル・ノイアーとマッツ・フメルスである。

 後半53分にスウェン・ウルライヒとの交代を余儀なくされたドイツ代表GKは、その後にチームドクターのハンス=ヴィルヘルム・ヴォールファールト医師やペーター・エブラッカー医師の診断を受けた結果、ふくらはぎに問題を抱えていることが明らかとなったという。

 そのためクラブ側の発表によれば同選手は、これから2週間の離脱が見込まれているとのことで、ヴェルダー・ブレーメンとのリーグ戦、そしてドイツ杯準決勝の連戦、さらにニュルンベルク戦でも欠場。復帰戦は4月28日のハノーファー戦の可能性があるが、発表された離脱期間通りということならば第33節のライプツィヒ戦ということになる。

 ただその一方でマッツ・フメルスに関しては、大腿筋に問題を抱えていたものの、過度伸展を抱えていたとのことで、こちらは短い練習での休養を経て復帰する見込み。ただ離脱期間については特に明かされていない。


 そのそのフメルスは試合終盤で味方のクリアボールを至近距離で腕に受けて、その結果でデュッセルドルフにPKが与えられたのだが、このことについて「PKがああまりにも多すぎる」と苦言を呈し、「本当に意図的なものかどうかを判別できているのか、それをもう一度考え直すべき」との見解を示した。

 また試合について「試合開始から僕たちは存在感をみせていたし、いい形で試合にはいることができていた。もちろん勝利が期待されていただろうけどね。それを実際に示せたと思う」と満足感をみせたトーマス・ミュラーも、「ビデオで見ればよりハンドのように見えるだろうけど、でも必ずそうなるべきものだったとは思わない。」と言葉を続けている。「あれで僕がキッカーを務めるなら、わざと外して蹴ったことだろうね」


 一方で先週のトレーニングでは、ロベルト・レヴァンドフスキとキングスレイ・コマンが、つかみ合いのニクラス・ズーレたちが割って入るという騒動が伝えられていたが、「あの時は体を割っていれようとしたんだけど、簡単ではなかったよ。あれほどアグレッシブだとね」と振り返り、ただ「感情的になることもサッカーではよくあることだし、僕たちは活力あふれるチームだからね。そういうことも起こるよ。練習後に握手を交わせばそれでオーケーさ」との考えも示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報