ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月21日

バイエルンで「不十分な」時間を過ごすレナト・サンチェス、今夏に移籍を模索か

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたヴェルダー・ブレーメン戦で勝利をおさめ、翌日に試合が控えるボルシア・ドルトムントへ暫定ながら勝ち点差4をつけたバイエルン・ミュンヘン。確かにこの日にみせたパフォーマンスはベストと呼べるものではなかったが、しかしそれ以上に大切なものがこの試合にはあった。そしてそれはレナト・サンチェスにも同様に言えたことである。

 後半87分、35と22と記された電光掲示板を手にした第4審判員の横には、ニャブリとの交代で投入されるポルトガル人MFの姿がそこにはあった。「もっと試合でプレーしたい」わずか6分の出場にとどまった試合後にそう語った同選手は、「これは決して十分といえるものではない」とコメント。そのため今後に向けて思いを巡らせているところであり、おそらくその場所はここミュンヘンにはないだろう。

 ユーロ2016で最優秀若手選手に選出され、バイエルンへと渡った若武者もすでに21才となったが、しかしそれ以降は決して思い描いていたような時間を過ごせていたというわけではない。それでも「自信は失ってはない」と強調、「今はチャンスを待ちわびているところなんだ」と言葉を続けており、特に行き先について口にすることはなかったが、今は何より毎試合長時間にわたってピッチに立てる場所を模索。バイエルンとの契約を2021年まで残していることからも、再びレンタル移籍するという事も考えられる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報