ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月23日

「ロッベンは前向き」も、今季中の復帰は未だ不透明に

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜夜に行われるドイツ杯準決勝ヴェルダー・ブレーメン戦では、先日のリーグ戦での対戦からハメス・ロドリゲス、マッツ・フメルスの復帰が見込まれている一方で、ダヴィド・アラバはいまだ別メニューで調整中のため疑問視、さらにアリエン・ロッベンに至っては、出場停止のニクラス・ズーレと共に欠場がすでに確定しているところだ。

 残されたシーズンでの試合も、最大で残すところあと6試合のみとなった。だがこれはアリエン・ロッベンにとってみれば、バイエルンで残された試合数でもあり、長年にわたって主力をになって来たクラブへの別れの場でもある。

 しかしながら昨年11月27日に行われ、自身が2得点をあげる活躍をみせたCLベンフィカ戦以降、元オランダ代表ウィンガーが負傷のために欠場が続いており、幾度となく復帰間近と伝えられながらもその度に遅れが生じてきていた。

 「よくなっているという感覚は覚えているし、前向きだ」と選手本人から伝えられたというニコ・コヴァチ監督は、月曜日にそう明かしてはいるものの、それでもなおバイエルンでは、ロッベンが今シーズン中に復帰を果たせるかどうかさえも明確にはなっていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報