ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月24日

マヌエル・ノイアーが、負傷以来はじめてランニングを実施

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンの守護神マヌエル・ノイアーが、復帰に向けて重要なステップアップを果たしたことが明らかとなった。ドイツ代表主将は10日前に行われたフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦にて、ふくらはぎの筋肉に筋損傷を抱えて離脱。

 そして水曜日のトレーニングでは今晩行われるドイツ杯準決勝ブレーメン戦に向けてチームメイトが準備に勤しむなか、ノイアーはフィットネス・リハビリコーチのトーマス・ヴィウヘルミ氏指導の下、負傷以来はじめてランニングメニューをこなしたことが伝えられている。

 なお同選手は復帰時期について、すでに第33節のライプツィヒを目標としてかかげており、もしもそこで復帰を果たすならば、残された出場機会はリーグ戦最終節、そして今晩の試合で勝ち抜けを果たせば、ベルリンでのドイツ杯決勝の舞台ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報